JA山梨みらい

金融機関コード:5207

緊急時のご連絡

アフリカ支援米 田植え体験を実施

田植えをする児童

 

JA山梨みらいと「食とみどり・水を守る山城地区市民会議」は8日、山城小学校5年生152名を招き田植えの体験学習を行い、児童が靴下をはいて田んぼに入り、うるち米「あさひの夢」の苗を手で植えました。

この活動は、小学生に農業の重要性や食料の大切さを知ってもらうとともに、世界の飢餓の状況を学んでもらうことが目的で毎年行われ、今年で14年目を迎えます。

同会の岡伸会長は、「農業体験を通して、食料の大切さを学んでもらい、飢餓に苦しんでいる人々に安心・安全なお米を送りたい。」とあいさつしました。

田植え体験をした児童の一人は「泥に足をとられて大変だったが、美味しいお米を作ろうと頑張った。」と笑顔で話していました。

10月中旬に児童による稲刈り体験が行われ、来年1月にアフリカ支援米として、飢餓に苦しむマリ共和国の人々へと200㌔を送る予定です。

反社会的勢力への対応に関する基本方針個人情報の取り扱いについて休眠預金活用法にかかる電子告知
組合員の皆様へサイトマップお問い合わせリンク

サイトマップ お問い合わせ

ページの先頭へ
JA山梨みらい
〒400-0064 山梨県甲府市下飯田三丁目5-12
TEL.055-223-9600